NEWS新着情報

2018年04月25日(水)

  • コラム
  • 離婚事件

2号:相手が悪意の遺棄をしたとき

悪意とは?

 悪意とは,夫婦関係を積極的に破壊する意思をもっていることを言います。

遺棄とは?

 遺棄とは,夫婦の同居協力扶助義務に違反することを言います。
 例えば,病気の妻を放置して家を出て,生活費も入れない等の場合です。

「悪意の遺棄」と別居

 夫婦関係がこじれてどちらかが家を出た場合,家を出た方は,「悪意の遺棄」になるでしょうか。
 答えはNo!です。家を出た段階で同居義務違反にはなりますが,生活費を入れていれば,別居開始が直ちに「悪意の遺棄」とは評価されないと考えられています。
 では,生活費(法律上は「婚姻費用」と言います。詳細はこちら)はいくら入れればいいのでしょうか。

算定表相当額を入れていけば,まず,「悪意の遺棄」とまでは評価されにくいものと思われます。

算定表とは?

夫婦は,別居した場合であっても,相互に扶養義務がある(民法752条の同居協力扶助義務に基づく)ため,収入の多い方は少ない方に対し,生活費を渡さなければなりません。その生活費のことを法律上,「婚姻費用」といいます。この「婚姻費用」については,計算式があるが,簡易迅速に計算ができるよう「算定表」というものが作られ,現在の裁判所実務では,「算定表」を基準に,婚姻費用の金額を決めています。

新着情報一覧

CONTACT

離婚・慰謝料請求・DVなどのご相談は
法律事務所クロリスへ

初回相談はこちらから完全予約制

電話で予約する

tel.03-5361-7160

メールで相談する

初回相談を予約する

※ご予約受付時間:平日10:00~19:00  
※ご予約により、土日祝・時間外も対応致します。

プライバシー重視の完全個室での
ご相談を承っております