NEWS新着情報

2018年04月25日(水)

  • コラム
  • 男女問題

婚約破棄

婚約は将来婚姻するという約束ですので、これを不当に破棄された場合には損害賠償請求が可能です。

 慰謝料の金額については違法性の度合いによりますが、不当破棄に第三者が加担している場合には、その第三者についても不法行為が成立する場合があります。結婚に反対している一方当事者の親が婚約を解消させた場合に、破棄した当事者とその親に対して損害賠償請求を認めた裁判例があります。

 実情としては,100万円を下回るケースが多いとされていますが,損害賠償額についてはケースバイケースですので,まずはご相談ください。

新着情報一覧

CONTACT

離婚・慰謝料請求・DVなどのご相談は
法律事務所クロリスへ

初回相談はこちらから完全予約制

電話で予約する

tel.03-5361-7160

メールで相談する

初回相談を予約する

※ご予約受付時間:平日10:00~19:00  
※ご予約により、土日祝・時間外も対応致します。

プライバシー重視の完全個室での
ご相談を承っております