NEWS新着情報

2021年10月21日(木)

  • 親子問題
  • 親子問題コラム

毒親に内容証明を送るときの迷い対処法パート1

毒親に内容証明を送りたいと考えはじめたとき、多くの方には迷いがあります。

 

このような迷いへの対処方法はこの記事一つで答えが出るほど簡単ではありませんが、多くの人たちが悩む点ですので、少しでも解決の糸口になればという思いでつづります。

 

 

 

 

●内容証明を送るときに感じる迷い●

 

 

多いのは以下のようなものです。

 

・親に対して申し訳ない、親が傷つくのではないか、私は悪い子だ・・・

 

・世間からどう思われるだろう、親不孝者とか、信頼できないと思われたりするのではないか・・・

 

・内容証明を送ったら親が激怒して、さらに事態は悪くなるのではないだろうか・・・

 

・親に見捨てられたら、私は生きていけるのであろうか・・・

 

内容証明を送るときの迷いとしては、①自分の内面的なもの、②世間からの目、③内容証明を送った後の人生への不安の大きく3つに分けられます。

 

以下、2回に分けて、一つずつ考察していきます。

 

 

 

 

 

 

●①自分の内面的な迷い●

 

 

内容証明を送るとき、親に対する罪悪感や申し訳ない気持ち、自分がすごく悪いことをしているような気持ちになるでしょう。

 

そもそもどのような親子関係にあっても、子どもにとっては親は大好きな存在です。そして、どのような親のもとに育った人であっても、少なくとも2~3個は、その親との良い思い出があるでしょう。

 

だから、子どもは、いくつになっても、どんな親でも、その親との良い思い出を心の奥にしまい込んでいるかと思います。それはたとえ相手が毒親であっても、、、です。

 

それを思い出し、よかったこともある、まるで全部を否定するかのような内容証明を出すのはやりすぎなのではないか、そんな思いに駆られます。人によっては、さらに、親が学費を出してくれたとか、あの時こういう優しい言葉をかけてくれたとか、いろいろ思い出し、葛藤すると思います。

 

その感情は当然です。親以外でも、これまで絶交した友人や距離をおいた知人、一度は永遠とも思ったのに別れてしまった恋人等を思い返してみてください。それらの人たちとの間でも、良いこともあったでしょう。今でも思い出すと、心が温かくなるようなこともあったはずです。それでも、一緒に生きている中で、これから先もその人と人間関係を紡いでいくことはできないという事情があったから、離れたのです。

 

 

このような考え方が正解かどうかはわかりませんが、私はこの点について以下のように考えています。

 

 

良い思い出は良い思い出としてもっておき、何かの折に思い出したりして、自分の心を温める材料にすればよい。ただ、良い思い出という過去にしばられるあまり、今現在と将来の自分まで犠牲にすることはないのではないか・・・

 

 

それに相手との良い思い出があるなら、それを良い思い出として持ち続けるためにもなおさら相手と距離をとった方がよいということもあります。

 

 

私たちの人生における時間は限られています。明日死んでしまうかもしれないこの世界に生きていて、自分やパートナー、さらには子どもの平穏な生活を奪う人とかかわりをもちづつけることが果たして本当に建設的なことなのか、考える必要があります。

 

 

また、人にとっては、親から、常に「親孝行するように」、「親に感謝するように」と言われ続け、親を満足させられなかったときには、「あんたは冷たい子」「あんたは薄情な人間」などといわれてきたことも相まって、ますます、やっぱり自分は冷たい人間なんだ、親を見捨てようとしている、などと自分を責めてしまうこともあると思います。

 

 

いきなり実践するのは本当に難しいことですが、そのような罪悪感は捨てましょう。

 

真に親が子どもを愛していれば、自分の子どもが幸せに自分らしく自分の人生をまっとうしている、それ以上に親がうれしいことはないはずです。もちろん、子どもが危険なことにチャレンジしようとしていたり、親の望みとはかけ離れた人生を送るとき、親も人間ですから、ハラハラします。しかし、最終的には、子どもが幸せであれば、それが一番うれしいという思いになるはずです。

 

 

子どもが自分の人生をまっとうすること以外に、親孝行や親への感謝を子どもに求めてくる親は、自分が精神的に寂しかったり、満たされておらず、常にそれを他者に満たしてもらおうとしている人たちです。

 

 

しかし、親の心にあるその穴を埋めることは、子どもであるあなたが一生懸命努力したからといって埋まりません。一時は親も満足するかもしれませんが、結局、親自身が自分の人生と向き合うという作業を先延ばしにしているだけなので、本質的な問題は解決せず、今後も形を変えて、親は子どもに自分を満たしてもらおうとしてくるでしょう。

 

 

大人になったら、自分の人生には、自分で責任をもつ必要があります。ですから、子どもであるあなたが親の人生についての責任を肩代わりしてあげる必要はありません。

 

 

今あなたが、自分が自分の責任で自分らしく生きると決断して、自分の人生をまっとうしているのであれば、それに自信を持ち、幼少期から植え付けられてきた罪悪感は捨ててしまいましょう。

 

 

パート2では、②世間からの目、③内容証明を送った後の人生への不安、について考察していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧

CONTACT

離婚・慰謝料請求・DVなどのご相談は
法律事務所クロリスへ

初回相談はこちらから完全予約制

メールで相談する

初回相談を予約する

※ご予約受付時間:平日10:00~19:00  
※ご予約により、土日祝・時間外も対応致します。

プライバシー重視の完全個室での
ご相談を承っております