NEWS新着情報

2021年10月21日(木)

  • 親子問題
  • 親子問題コラム

毒親に内容証明を送るデメリットはあるのか?

毒親からの嫌がらせやつきまとい行為に悩んでいて、内容証明を送ってみたいとお考えになるものの、多くの方々が内容証明を送ることに迷いを感じていらっしゃいます。

 

 

そこで、今回は、内容証明を送ることによるデメリットと思われていることについて考察したいと思います。

 

 

 

 

●デメリットとご相談者様から思われていること●

 

 

多くのご相談者様から、以下の点について心配しているという声を聞きます。

 

 

①内容証明を送ることによって、親がかえって逆上しないか、さらに事態が悪化するのではないか?

 

ただでさえ、迷惑行為を受けて精神的に参っているところ、相手がさらに逆上して嫌がらせやつきまとい行為が悪化するのではないかという恐怖から、行動を起こすことに躊躇してしまうというお悩みです。

 

 

②内容証明を送ると、周囲や世間から、冷たい人だと思われたり、親不孝者と思われたりするのではないか?

 

家族を大切にしよう、親を大切にしよう、親に感謝しようという価値観は、常に社会の中の色々な場面にあります。そのため、内容証明を送ると、自分はその社会における価値観から外れてしまうのではないか、周りから冷たい人だと思われてしまうのではないか、というお悩みです。

 

 

③内容証明を送ったからといって、人生が激変して薔薇色になるわけではない、そうであるなら、内容証明を送ることに意味があるのか。親との関係を我慢しながらも続けていって慰謝料代わりに相続でお金がもらえるまで待った方がよいのではないか。

 

内容証明を送るにあたっては、勇気をもった決断が必要ですし、決断した上で、弁護士費用の負担や、弁護士との面談や思い出したくもない事実に関する証拠資料の収集等の負担が生じます。そのため、エネルギーとコストをかけなければならないことは事実です。

 

一方で、内容証明を送って無事親からの嫌がらせやつきまとい行為は止んだとしても、今、人生において直面している自分の生きづらさがすべて解消されたり、経済状況が劇的に改善したり、うまくいかない恋愛や夫婦関係が突如薔薇色に変化するということはありません。

 

そのため、コストをかけてまでやる必要性が感じられない、むしろ内容証明を送ったところで、お金はもらえないが、このまま我慢して親とのかかわりを続けて、相続でお金をもらった方がよいのではないかという意見です。

 

それほど多くはありませんが、全体の1割くらいの方は、このようなことをお考えになっているようです。

 

 

 

 

 

●デメリットと思われていることについての実際●

 

 

弁護士としては、上記①~③は必ずしもデメリットとはいえないと考えています。

 

では、なぜ上記が必ずしもデメリットとはいえないのか、その理由をお伝えしていきます。

 

 

 

①相手方である親が逆上し、事態がさらに悪化するというご心配について

 

こちらの記事でお伝えした内容と重複しますが、実際には、多くのクライアント様がご心配されているような逆上して報復してくるという相手方はほとんどおりません。報復の危険性が高いと考えられるケースでは、ご依頼いただいた当初から警察にご相談いただき、内容証明と同じタイミングで警察からの警告も入れていただくなど、警察の助力を仰ぐこともございます。場合によっては弊所の方でも内容証明発送のタイミングで警察に相談することもございます。

 

 

内容証明自体において、内容証明で警告したにもかかわらず、それ以上の嫌がらせ行為やつきまとい行為をするのであれば法的措置をとるということを予告しておりますし、ケースに応じて警察の助力も仰いだ上で対応していることもあり、実態としては、報復を受けるというケースがほとんどないのだと考えられます。

 

 

また、万一、相手方が逆上した場合には、その内容に応じて法的措置をとっていくこともできます。さらにやられるのが怖いから我慢を続けるというのは、力に屈することになり、そうして我慢したとしても、相手方はやめるどころか、さらに嫌がらせ行為やつきまとい行為をエスカレートさせるだけです。そうであれば、毅然とした態度で対処していった方がよいのではないでしょうか。

 

 

 

 

②内容証明を送ると、親を大切にすべきという世間一般の価値観から外れてしまい、不安であるということについて

 

 

こちらの記事でお伝えしたことと重複しますが、少し視野を広げて考えてみることをお勧めします。

 

 

もちろん、人間は社会的な動物ですから、仲間外れになることはとても怖いことです。でも、あなたは本当に内容証明を送ると、世間から仲間外れになってしまうのでしょうか。

 

 

私たちが世間から冷たい人と思われてしまうのではないかという不安は、実は私たち自身が、世間から仲間外れにされたくないという恐怖心から作り上げてしまったものに過ぎないのではないでしょうか。世の中には、いろいろな人やいろいろな家族がいます。どのような場面においても正しい価値観などないはずです。

 

 

もちろん、家族を大切にするとか、親を大切にするとか、親に感謝するということは、それ自体はまったく間違っていませんし、大切なことです。しかし、これらの考え方はいかなる場面やいかなる立場の人に対してもあてはまるものではないということです。

 

 

毒親が支配する機能不全家族において大人になるまで生きていかねばならないということ、それは銃弾が飛び交うような環境を家として生きていかないといけないということです。そこでは、頼れる人はいません。暴力、暴言、監視、支配、両親の夫婦喧嘩、両親の浮気や不倫、兄弟間の差別、経済的搾取、そういったものであふれた環境で生きていかねばならないということです。

 

 

それは本当に精神的に落ち着かず、とても寂しく、不安で、それでもそういった感情を出すこともできず、孤独な日々だったはずです。

 

 

そして、さらに今、嫌がらせ行為やつきまとい行為に悩まされ、ようやく手にいれた安全なはずの生活をも害されている現状があります。

 

 

そのような立場の人に対してまで、親を大切に、親に感謝しなければならないという価値観があてはまらないことには多くの人が納得するでしょうし、実際には、あなたの実情を知れば、非難どころか応援してくれる人もたくさんいるはずです。

 

 

銃弾が飛び交っているような生活、一本の糸の上を歩きながらなんとかバランスを保っているような生活、そんな毒親が支配する機能不全家族での生活を生き延びてきたことに誇りを持っていただき、ご自分が幸せになるために何ができるかというところから、未来のことを考えていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

③内容証明を送っても人生がすべて薔薇色になるわけではないのであれば、我慢を続けて、将来相続でお金をもらった方がいいのではないかという考えについて

 

 

この点については、最終的にはご相談者様の判断という他ございませんが、考える際に参考にしていただきたいことをお伝えしたいと思います。

 

 

毒親が支配する機能不全家族で育った人間は、健全な生活習慣や他者との関係構築の仕方、セルフケアの方法、人生設計の仕方等、多くのことを学ぶ機会を失ったまま大人になります。

 

 

そのため、大人になった時点で、非常に多くの生きづらさを抱えており、人によってはそこから派生して、経済的な課題や、恋人との交際における問題、夫婦関係での課題なども抱えていることが多くあります。

 

 

そして、それらが、親に対して内容証明を送ることで、一気に片付き、人生が薔薇色になるということはありません。内容証明を送るのは、あくまでも、今、親から受けている迷惑行為や嫌がらせ行為をやめさせ、心身の健康を取り戻し、安全で平穏な生活を取り戻すための手段でしかありません。お金が手に入るわけでもありません。それは間違いなく事実です。

 

 

そのため、このまま親と今のままのかかわりを続けて、将来親から相続でお金をもらった方がよいという考えが出てくるお気持ちも理解できます。

 

 

ただ、ここで考えていただきたいのは、将来の相続という不確実なことに期待をして、今ここにある生活を妨害され続けることを受け入れることが、果たして合理的なのかということです。

 

 

将来のことは誰にもわかりません。親と今のままかかわりを続けたところで、親が何等かの事情でお金を使い果たしてから亡くなる可能性もありますし、むしろ借金をして亡くなる可能性もあります。また、親は、あなた以外の人を相続人として指定するかもしれません(それでも遺留分はもらえますが)。さらに、人生は何があるかわかりませんから、自分の方が先に亡くなる可能性もあります。

 

 

一方、今の生活は、今現実にあるものです。親から嫌がらせ行為やつきまとい行為を受けて、仕事に集中できなかったり、勤務先に迷惑をかけて解雇をちらつかせられたり、恋人やパートナーをも不安や恐怖にさらしたり・・・そういう不利益を受けているということは、今現実に起きていることです。

 

 

今、親からの嫌がらせ行為やつきまとい行為をやめさせ、心身の健康と安全で平穏な生活を取り戻すことができれば、自分自身の生活はもちろん、自分の大切な人たちとの幸せな生活をも守ることができます。そして、それがあれば、あなたは仕事に集中して、お金を得たり、そのお金を使って生活や人生を楽しんだり、大切な人を喜ばせることもできます。不確実な相続に期待するよりも、ずっと確実に自分の人生を取り戻すことができる方法があるということです。

 

 

将来の不確実なことに期待するよりも、不確実な将来をよりよくするために、今の生活の中で自分にできることはないか、という視点を持つことが大切ではないかと思います。

 

 

小さいころから、親から無力感を植え付けられてきたこともあいまって、自分には今の生活を変えることはできない、と自信を失ってしまうこともあるかもしれません。

 

 

でも、あなたは本当は無力ではありません。毒親が支配する機能不全家族で生き抜いてきたことが何よりの証拠です。あとは健全な生活習慣や人間関係の構築方法、セルフケアや人生設計の方法をゆっくり着実に学んでいけば、必ずや自分の理想の生活に近づいていけるはずです。

 

 

その土台をつくるためにも、今もしあなたが親から嫌がらせ行為やつきまとい行為を受けているのであれば、それをやめてもらい、心身の健康と安全で平穏な生活を取り戻すことが必要なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

今回は、内容証明を送るデメリットとして、よくご相談者様から受けるご質問やお悩みについて考察してみました。最終的には、ご自身にとってメリットとデメリット、どちらが上回るのか、様々な観点から検討の上、ご決断していただくことになろうかと思いますが、弊所では、そのご決断のお手伝いができます。ぜひ頼っていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧

CONTACT

離婚・慰謝料請求・DVなどのご相談は
法律事務所クロリスへ

初回相談はこちらから完全予約制

メールで相談する

初回相談を予約する

※ご予約受付時間:平日10:00~19:00  
※ご予約により、土日祝・時間外も対応致します。

プライバシー重視の完全個室での
ご相談を承っております