NEWS新着情報

2022年09月13日(火)

  • 親子問題
  • 解決事例

【毒親解決事例】親へ内容証明を送った方々の声をご紹介~パート2~

 

弊所では、受忍限度を超えたつきまとい行為や嫌がらせ行為を自分の両親から受けている方々からのご相談とご依頼がたくさんございます。

 

 

 

家庭内での問題は家庭内で解決すべきという風潮がまだまだ強いかもしれません。もちろん、自分たちで解決できればそれに越したことはないでしょう。しかし、それでは、問題を家庭内で解決できない場合、より重大な事態へ発展してしまうリスクがあることは、家庭内暴力や児童虐待、さらには親族間の傷害事件や殺人事件のを事例を見れば一目瞭然です。

 

 

 

そのため、弊所では、このようなお悩みを抱えている方々に対して、現状の法制度の中で可能な限りではございますが、積極的に法的サービスを提供することとしています。

 

 

 

現状、このような方々に対して弊所でご提案できるのは、弁護士から内容証明郵便を送り、ご依頼者様の意思をきちんと表明し、つきまとい行為や嫌がらせ行為をやめてほしい旨をはっきりと伝え、やめてもらえない場合には法的措置をとる旨の警告をするという手段です。

 

 

 

法律相談を実施してみると、実際に非常に多くのご相談者様たちが、内容証明を送ることを希望していらっしゃいます。しかしながら、同時に、本当に内容証明を送るべきか、とても悩んでいらっしゃいます。

 

 

そこで、今悩んでいらっしゃる方々のために、弊所のご依頼者様たちが協力してくださったアンケートから、参考になる声を抜粋の上ご紹介したいと思います。

 

 

 

なお、個人が特定されることがないよう、回答してくださった方の属性等は一切掲載しておりませんが、取り扱いサービスの性質上、ご容赦くださいませ。アンケートを始めてからまだ間もないため、あまりサンプル数がありませんが、随時アップしていきたいと思います。

 

 

 

アンケートで頂戴した声は、私にとって励みになっています。私自身が大変に悩み、今も自分自身の人生の課題として向き合い続けている親子問題について、これほどに多くの方が同じように悩まれているとは思わず、迷いながらも弁護士として取り扱いはじめて早7年目。多くの困難がありましたが、いつでもご依頼者様の声は私の支えとなっています。アンケートにご協力して下さった方々はもちろん、これまで多くの励ましをくださった方々に、この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

 

 

パート1(ご依頼者様の声1~6)については、こちらからご覧ください。

 

 

 

【ご依頼者様の声―7】

子ども時代から他の家庭より過干渉と感じ、大人になってからもその干渉にうんざりしていたものの、これといった大きな出来事もなかったため、もめ事にならないよう、独身時代は親からの連絡に対応していらっしゃいました。

 

 

しかし、交際相手との婚約・結婚を考えるようになると、その結婚に反対する親が交際相手及びその家族のことを侮辱したり、その勤務先等への嫌がらせを行うなど、到底許容することのできない嫌がらせを行うようになり、交際相手やその親族を守るという観点からも、対応に苦慮するようになりました。

 

 

その後、ご結婚されましたが、これから子どもをもうけるなど、家族を増やすことを考えていったとき、このまま嫌がらせが止まない状況では、到底安心して生活することができないと考えていらっしゃったところ、弊所にご相談をいただき、内容証明を送って警告することとなりました。

 

 

内容証明送付後は、無事嫌がらせが止み、安心するとともに、お気持ちの面ですっきりしたとのお声をいただきました。

 

 

詳細はこちらをご覧くださいませ。

 

 

 

【ご依頼者様の声―8】

幼少期から、過干渉、罪悪感を植え付ける、一人では何もできないような気持ちを植え付けて子どもの力を奪う等の心理的虐待を受け続け、内容証明を送るまでの間、送るかどうか長年にわたり悩んでいらっしゃいました。弊所での法律相談も、数年のスパンで複数回、実施し、なかなか決心が固まらないという状況でした。

 

 

しかし、ご自分も家庭をもつようになり、いよいよ親との関係に耐えられなくなるとともに、親と自分の関係がおかしいということに決定的に気づくことができ、内容証明を送って警告することを決断されました。

 

内容証明の準備中も、多くの葛藤があったようでしたが、それも乗り越え、最終的に送付した後は、気持ちの面で大変すっきりしたとのお声をいただきました。

 

詳細はこちらをご覧くださいませ。

 

 

 

【ご依頼者様の声―9】

機能不全家族で育ち、直近では、親から多額の金銭の要求を受けているというケースでした。凶器を持ち出して脅されたこと等もあったため、刺激しないように金銭を支払ってきましたが、結婚し、これから新しい家庭を築いていこうという局面になり、これ以上、金銭要求に従うことはできない、という思いで、弊所にご相談いただきました。

 

 

弊所で相談を受け、法的根拠のない金銭要求に従い続けることはできない旨に加え、金銭にかかわる付きまとい行為もお控えいただきたい旨を、内容証明で通知しました。

 

 

協議はやや長引きましたが、最終的には金銭要求も付きまとい行為も止み、内容証明送付前よりも安心して生活することができるようになったとのお声をいただきました。

 

 

詳しくはこちらをご覧くださいませ。

 

 

 

【ご依頼者様の声―10】

機能不全家族で育ち、もともと親と一緒にいて安心できる状況にはありませんでしたが、成人し、経済的に自立し、親から離れた生活をようやく手にしていらっしゃました。しかし、今度は、親から将来の介護や老後の生活にかんして、依存され、このままでは、自分の将来も親に捧げることになってしまうという不安を抱いていらっしゃいました。

 

 

そのため、今後に向けた自分の意向を明確に伝えておきたいということで、弊所にご相談いただき、内容証明で親に意向を伝えました。

 

 

内容証明送付後は、まるで憑き物がとれたようだというお言葉を頂戴し、こちらとしても大変励みになりました。

 

詳細はこちらをご覧くださいませ。

 

 

 

【ご依頼者様の声―11】

暴力や金銭要求のようにわかりやすい虐待や嫌がらせ行為ではないものの、幼少期から過干渉を受け、ご本人が成人し、経済的な自立を果たし、結婚して家庭をもってからも続いており、大きな精神的苦痛を受けているケースでした。

 

 

特に、結婚に際して、その相手の方にかんし、親から大変な侮辱や嫌がらせを受け、自分の大切な人や大切な居場所を守るためにも、親に対し、ご自身の意向をきちんと伝える必要性の大きいケースでした。

 

 

内容証明送付後は、気持ちが軽くなったとのお声をいただきました。

 

 

詳細はこちらをご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧

CONTACT

親子間のつきまといや金銭トラブル、離婚、
慰謝料請求などのご相談は
法律事務所クロリスへ

初回相談はこちらから完全予約制

※恐れ入りますが、初回のご予約はメールでのみ
受け付けております。

※ご予約は24時間受け付けておりますが、
ご返信は営業時間内の対応とさせていただいております。

プライバシー重視の完全個室での
ご相談を承っております